9月の定休日&お知らせ

9月の定休日とお知らせです。

 

 

◆ 定休日

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

毎週の日曜日と祝日の2・9・16・17・23・24・30日はお休みを頂きます。

 

 

 

定休日に、御用のある方は、メールを頂ければ、確認がとれますので、メールにてご連絡頂ければ幸いです。

↓↓↓

fujiiyakkyoku-kadoi@kind.ocn.ne.jp

 

 

 

■第35回マザーの会、開催日決定!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

9月12日(水)の10:30~12:30に、フジイ薬局本店にて、助産師の先生をお招きをして、交流会を行います。

 

ご参加ご希望の方は、お気軽にご連絡くださいませ。詳しくは、こちらからどうぞ

↓↓↓

マザーの会

 

 

 

 

■毎月恒例のポイント2倍デェ~ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

毎月1~7日(定休日を除く)は、ポイント2倍になっています。

 

500円(税抜)ごとに、通常1点のところ、2点となります。

 

例)1万円お買上げで、通常25点が、50点に!

 

80点たまると、1000円値引きとなりますので、ぜひぜひ、この機会をご利用してくださいませ!

 

 

 

今月も、スタッフ一同、皆様のお越しを楽しみにしております(*^_^*)

 

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

私、代謝が低いんです・・・

 

『代謝を上げないと、痩せない・・・』

 

 

 

 

 

 

・運動していないからだ!

・昔と比べて代謝がどんどん低くなった・・・

・どうにかして代謝を上げないと・・・

 

 

 

そう思われている方が多いのですが、ちょっとご注意を。

 

もちろん、代謝は低いより高いほうがいいですが、代謝が低いから痩せない!は、ちょっと違います。

 

 

ちなみに、代謝を上げよう!となると、方法としては運動になります。つまり“筋肉をつける”こと!ですね。

 

しかし、一生懸命運動して、1キロの筋肉が増えたとしても、増える基礎代謝量は、わずか15~45キロカロリー・・・

 

 

飴を2~3個食べたら、終わりですね(^-^;

 

 

しかも、筋肉1キロって増やすのに、有能なボディービルダーでさえ、1~2年かかるといわれています。

 

 

 

そこまで、がんばれますか?(^-^;

 

 

 

もちろん、運動がムダ!ということではなく、何もしなければ、どんどん筋肉量は落ち、それこそ代謝は落ちる一方です。運動はとても大切です。ぜひ、毎日の一つの習慣にしてほしいです。

 

 

 

 

しかし、体重を落とすだけなら、筋肉を一生懸命つけなくても、消費カロリーを上げれば痩せることができます。

 

 

そして、その消費カロリーを上げるのに、一番大事影響あるのが、『内臓による代謝量』です。

 

 

 

 

つまり、内臓がしっかり動いてくれれば、熱やエネルギーを作り出し、しっかり消費できる体になってくれます。

 

 

 

 

内臓を活発にし、代謝を上げる方法、ご存知ですか?

 

 

 

 

食事を少し変えるだけで、十分にできるんですよ。そうすれば、しっかり食べてもしっかり痩せる!カラダや生活スタイルに大変身です♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

女性特有のダイエット事情

 

女性と男性のダイエットで、一番の違いが、この “ホルモンバランス”です。

 

 

 

 

 

 

『ダイエットなんて、食べなきゃ痩せるんだよ!運動不足だ!』

 

ご主人から、そう言われて悔しい思いをされている方、結構いらっしゃると思うのですが、これは、何も知らないご主人が悪いです(笑)

 

 

 

女性のカラダは、女性ホルモンの支配がとても強いです。

 

だから、生理周期、ストレス、その日の体調・・・ さまざまな生活習慣によって、体重が落ちにくくなったり、止まったりすることは、とても多いのです。

 

 

女性の体は、デリケートなのです。

 

 

ですので、「食べなきゃ痩せる!」は、男性のダイエットだけに当てはまること。女性は、常に女性ホルモンのことを意識しないと、食べなくて痩せない・・・ という現象が結構起こりやすいのです。

 

 

 

これは、実は、閉経を迎えた女性でも一緒です。生理周期がなくても、常に女性ホルモンの影響はあります。ある週、落ちにくくなったり、変に体重が止まりやすくなったりするんです。

 

 

ですので、変なダイエット・・・ストレスがたまりやすくなったり、極端なダイエットをすれば、ホルモンバランスは崩れ、その時は痩せても、戻りやすくなったり、次同じことをしても痩せにくかったりします。

 

 

 

特に、“ストレス”は、女性ホルモンに一番影響しやすものです。ダイエット法ももちろんですが、日ごろの日常生活も気を付けてください。

 

 

 

また、すでにホルモンバランスが乱れている人、生理周期が乱れている・・・、更年期、甲状腺ホルモンも異常、そういう方は、やはり痩せにくいし、無理なダイエットをすると余計、カラダに負担がかかりやすくなり、ホルモンバランスがもっと乱れやすくなります。

 

ちなみに、ピルなどのホルモン剤を服用しているとやはり痩せにくいです。

 

 

 

どうか、自己流ではなく、専門家のもとでダイエットをするようにしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

便秘はダイエットの天敵!?

 

『便秘は、ダイエットの天敵!快便を目指しましょう!』

 

 

 

 

と、昔は、それこそお通じをよくする、無理にださせて体重を落とすようなダイエットが一時流行りましたが、正直な話をすると、便秘でも痩せれます(^-^;

 

 

便秘=痩せれない ということはありません

 

 

ただ、便秘ということは、やはり腸内環境があまり良くない状態です。腸の活動が悪いと、食べ物をしっかり消化吸収ができないので、痩せれない・・・ というより、痩せにくい、太りやすい!という表現のほうがあっているかと思います。

 

 

 

また、今多いポッコリお腹は、便秘の方や内臓下垂が原因

 

 

柔らかい食事や運動不足により、内臓に力が弱っている方がおおいのです(^-^;

 

 

 

お通じを改善し、腸内環境をよくすることは、ダイエットにとってプラスのことばかりですし、腸をよくする食事を心がけることは、痩せやすい食事をすることにもつながっています。

 

 

『じゃー、ヨーグルト食べよう!』

 

と思われる方が多いと思いますが、一概にヨーグルトを食べれば、腸や便秘が解消される!というわけではないのです。

 

 

腸によっては、ヨーグルトの菌が合う人、発酵食品の菌が合う人、食物繊維系が合う人、その方の体質や食生活によって違います。自分にあった食生活を取り入れ、腸内を活性することができれば、体重も落ちやすく、そして体の中からもキレイなれ、一石二鳥です♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

私、何しても痩せにくいんです・・・

 

「私、何をしても痩せなかったんです・・・」

 

 

 

 

意思が弱いんです・・・

そんなに食べていないのですが・・・

痩せたと思ったらすぐ戻っちゃうんです・・・

 

 

原因がわからず、自分を責められている方が多いのですが、意外とそれがご自身の意思のせいではなく、体質が影響している時があります。

 

 

 

そのような痩せにくい体質の一つにあるのが、“水毒体質”です。

 

 

 

 

水毒体質の方は、血液やリンパなどが、体内に滞りやすくなっている状態。なので、水はけが悪く血行も悪くなりがちなので、食事を減らす!などのカロリー制限のダイエットをやっても効果がでにくいのです。

 

こういう方に、特に、1日2Lの水分を取る! などは、本当に逆効果ですね(^-^;

 

 

 

痩せるためには、まず、このたまった水毒をとり、カラダの巡りをよくすることが大事です。

 

 

水毒の漢方薬を飲む、リンパマッサージをやる、運動を取り入れる、その方の体質・生活スタイルにあった方法がありますので、自己流でやろうとはせず、まずは専門家に相談しながらダイエットすることをおススメします。

 

 

うまくやれば、体重だけじゃなく、体調もお肌の状態もより調子よくなりますよ♪

 

 

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

ストレスって、ダイエットに関係あるんですか?

 

 

「ストレスって、ダイエットに関係あるんですか?」

 

 

 

 

よく聞かれるというか・・・ すでにダイエットしている人に、よく聞かれる言葉でもあります。ダイエットをしているから、余計わかるんですよね。

 

 

ストレスは、ダイエットにとって、かなりの天敵です!

 

 

 

ストレスがあると、食欲が増す!甘いものが止めれない!ストレス発散! というイメージで、ストレス=食べる!=痩せない と思われている方が多いのですが、それだけではありません。

 

 

 

ストレスがかかると、交感神経やストレスホルモンのコレチゾールの影響で、カラダに緊張モードが走り、排泄機能が低下します。

 

 

たとえば、100mをダッシュしているときって、汗はかきにくいんです。100m走り終わって、座ったとたん、汗がでるんです。

 

乗り物に乗っている間は、トイレが遠くなります。着いた途端、トイレに行きたくなります。

 

 

人は、緊張モードの時、排泄機能が落ちるんです。だから、常にストレス化の生活を送っていると、排泄機能が落ち、食べる、食べない関係なく、痩せにくくなってしまうのです。

 

 

逆をいうと、まだ、食べてストレス発散できている人のほうが、まだ良いかもしれませんこれが、食だけでストレス発散できないレベルになると、完全に止まりがちになりますね(^-^;

 

 

これは、ダイエット中も一緒。ダイエットして、ストレスがかかりすぎると、やはり落ちにくくなります。ダイエットは、頑張ることも大事なのですが、間間で、手を抜くことも大切なのです。

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

睡眠とダイエット

 

「夜、寝つきが悪いんです・・・」

 

 

 

 

 

 

私たち、ダイエットカウンセラーがカウンセリングするときに、その方が痩せやすいかどうか、を判断する一番のポイントかもしれませんね、“睡眠状態” です。

 

 

やっぱり寝れていない人は、痩せにくいです(^-^;

 

 

 

「睡眠不足は、ホルモンバランスを崩し、食欲を抑えるホルモンが減少し、逆に食欲を増すホルモンが増えるようになります。」

 

 

と、よく言われるように、ホルモンや自律神経のバランスが崩れるとやはり痩せにくくなります。

 

 

 

これは、一度、寝る前と起床時の体重を測定するとわかりやすいです。普通なら400~600gの体重が寝ていると落ちますが、うまく睡眠ができていない方は、200gとか、落ちる体重が少なくなる傾向が強いです。まったく落ちない!っていう方もいらっしゃいますよね。

 

それだけ、睡眠の状態はダイエットに影響します。昔から言われる”早寝早起”は、やはり痩せるための大切な習慣スタイルの1つですね。

 

 

なのですが、「はやく寝ているのに、痩せない・・・」という方もいらっしゃいます。

 

そういう方は、睡眠の質! を意識してみてください。

 

 

意外と、何時に寝るか・・・ どのくらい寝るか・・・ より、「睡眠の質」のほうが大事になります。

 

 

□ 普段の寝つきに30分以上時間がかかる
□ 週の半分以上、午後11時以降に寝ている
□ 眠りにつく時間はバラバラなことが多い
□ 日中の嫌なことや、不安なことが頭に浮かんでなかなか寝付けないことがある
□ 眠る直前まで、パソコンやスマホなどの画面を見る習慣がある
□ 眠ろうとすると、自分の体勢や衣服のズレなどが気になってしまうことがある
□ ひと晩に2回以上起きることがある
□ 途中で起きてしまうと、なかなか再び寝ることができない
□ 極端に不快な夢が続いたり、夢のせいで寝た気がしないことがある
□ ささいな物音でも起きてしまう
□ 睡眠の長さが日によって異なる
□ 朝起きたとき、なんだかすっきりしないことが多い
□ ひと晩寝ても、疲れが取れていないことが多い
□ 毎日起きる時間が一定ではない
□ 目覚まし時計に頼らないと起きることができない
□ 起きてすぐにベッドや布団から離れることができない
□ 日中、眠気に悩まされ仕事に集中できないことがある
□ 十分な睡眠をとっても、日中に眠くなる
□ 眠りたいのになかなか眠れず、憂鬱な気分になることがある
□ 睡眠薬・睡眠導入剤は手放せない

 

10個以上当てはまる方は、要注意ですよ~

 

 

特に、良く夢を見る、お薬を飲まないと寝れない!翌日疲れやすい… そういう方は、ダイエットと同時に、睡眠改善をしないとちょっと痩せにくいかもしれません。

 

 

1日に必ずリラックス時間を作る

寝る前は、携帯をいじらない

意識して運動を取り入れてみる

 

などできることは、取り入れてもいいかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

8月の定休日&お知らせ

 

8月の定休日とお知らせです。

 

 

◆ 定休日

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

毎週の日曜日と祝日の5・11・12・19・26日はお休みを頂きます。

 

 

また、10日(月)~15日(水)はお盆休みを、27日(月)は、研修会のため、臨時休業させていただきます。

 

 

 

定休日に、御用のある方は、メールを頂ければ、確認がとれますので、メールにてご連絡頂ければ幸いです。

↓↓↓

fujiiyakkyoku-kadoi@kind.ocn.ne.jp

 

 

 

■第34回マザーの会、開催日決定!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

9月12日(水)の10:30~12:30に、フジイ薬局本店にて、助産師の先生をお招きをして、交流会を行います。

 

ご参加ご希望の方は、お気軽にご連絡くださいませ。詳しくは、こちらからどうぞ

↓↓↓

マザーの会

 

 

 

 

■毎月恒例のポイント2倍デェ~ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

毎月1~7日(定休日を除く)は、ポイント2倍になっています。

 

500円(税抜)ごとに、通常1点のところ、2点となります。

 

例)1万円お買上げで、通常25点が、50点に!

 

80点たまると、1000円値引きとなりますので、ぜひぜひ、この機会をご利用してくださいませ!

 

 

 

今月も、スタッフ一同、皆様のお越しを楽しみにしております(*^_^*)

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

夏太りの知られざる真実

 

夏は、暑いから痩せる!”というのは、昔の話。実は、夏太りする人の方が、圧倒的に多いのです。

 

 

 

その原因は・・・

 

暑いから、クーラーの部屋で動かない

アイス、冷たい物が多い、

ビール、脂っこいものが増えた

 

 

 

 

まっ、要は、動かず、食べ過ぎたってことですね(笑)

 

 

 

それは、それでしょうがないのですが、ここからが大事。ある調査によると・・・実は、『夏に太った女性の約96%は、秋も太ったまま! という事実!

 

 

 

 

 

 

逆に、夏太りした女性のうち、元の体重に戻ったのは、わずか3.5%!さらにさらに、夏太りに終わらず、『秋もそのまま太った!』という方は、全体の30.7%にも上りました!

 

 

 

皆さんもご経験あるのではないでしょうか?^^; では、なぜ秋に、そのまま太り続けてしまう方が多いのでしょうか?

 

 

 

 

秋に太りやすい原因 その1. “食べクセ”

 

 

夏は、暑い分、どうしても、1年の中を通しても、甘いものが増える時期なんです。それが、いつの間にか、習慣になってしまった… 習慣になった人は、必ず秋は、“果物”に流れこむ人がとても多いです。 食べクセがついてしまった人は、一度、酵素断食などで、糖断ちすることが、食べクセを断ち切るための有効手段です。

 

 

 

秋に太りやすい原因 その2. “代謝が落ちた”

 

 

コレも、夏に多かったですね。冷たい飲み物、シャワーのみの生活、クーラー生活により、代謝が一気に下がってしまっています。また、自己流で、痩せようと思い、食事を減らし、おにぎりのみ、パンのみの単品生活で、ダイエットしようとするから、さらに代謝減・・・逆効果ですよ^^;

 

 

 

秋に太りやすい原因 その3. “自分をコントロールできない”

 

 

秋は、もともと“ため込む時期”になります。冬眠に備える動物が持っている防衛本能ですね。だから、実は、食欲をコントロールしにくくなります。また、空きすぎればすぐに、忘年会、年末年始・・・痩せよう!と思いながら、ダラダラ過ごしてしまいがちです。だからこそ、早めの修正が大事ですよ!1人でやる前に、早めに連絡くださいね!

 

 

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

冷え症だと、痩せにくい?

 

「私、冷え性なんですが、痩せにくいでしょうか?」 よくご質問をうけます。

 

 

 

 

一概に、冷え性だから痩せれない! ということはないのですが、やはり冷え性だと代謝に影響して痩せにくい状態になってしまいます。

 

 

 

ちなみに、体温が1度低いだけで・・・

 

カラダの酵素は、50%低下! 基礎代謝も12%低下!!

 

 

1日のエネルギー消費量で換算すると、なんと約140kcal分も落ちてしまう計算に・・・

 

 

 

脂肪にすると約20gですね。1ヶ月で0.6キロ分も!! 結構ありますよね(^-^; 冷え性っていうだけでこれだけ太りやすいってことになってしまうのです。

 

 

 

「ダイエットに冷えは禁物!」 あながち間違えではありません。痩せるためにも、太りにくい体質にするためにも、温活することはとても大切・・・

 

 

 

なのですが・・・

 

 

 

 

ここで単に冷え性なら体を温めれば、痩せられる! と思わないでほしいのです。実は、同じ冷え性で、体質も違えば、方法も違います!!もちろん、ダイエット法も異なるのです。

 

これは、またのちほど説明します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする